感謝の気持ちと最幸の時間を共有する研修(^v^)②

~2日目~

『鳴門のうずしおの巻』・・・遅くなり申し訳ございません。
uzu

11時にチェックアウトを済ませ向かうは渦の道です。
道
皆で団体行動をして何かを見学するなんて、なんだか小学校の遠足を思い出します。
遊歩道では強風に煽られながらも寒さに負けず、普段はなかなか感じたり、見る事のできない自然を目の当たりにしました。
パシャ理②
しかし、遊歩道は高所恐怖症者にはたまりません。なぜなら、海から約45メートル上空にあるからです。横を見れば、むちゃくちゃ高い!!そして所々にガラスの床があり、そこから覗く渦は迫力満点で非常に恐怖感もありました。
うず
足がすくんでしまう者、目を瞑って歩く者、ガラスの床に寝そべる者、脅かされて本気で怒る者。展望室では45メートルの高さから見る、鳴門のうずを堪能しました。
ブロガー
でも、こんなアホみたいな事や全ての事が非常に楽しく有意義な時間でありました。

全長450メートルもありましたので、帰ってきたときにはお腹がペコペコです。
昼食は、渦の道近くのうづ乃屋さんで鯛料理を頂きました。下見に行かれた社長がおいしいと絶賛されていた鯛料理です。社長がおっしゃるのですから、期待が膨らみます。鯛料理を堪能する為に朝ご飯をいつもより減らした者も多かったのではないでしょうか?

そして、鯛料理とご対面。鯛の刺身に焼き物や煮物など、沢山のお料理をいただきました。
料理

めちゃくちゃ美味しかったです。もちろん、今日もお昼からお酒入っていますので気分は最高です。
食事風景3食事風景②

その後は、大鳴門橋架橋記念館でいろいろと歴史や渦の不思議を見学しました。
うず潮劇場では、一番大きく美しく見えるという春の大潮を見ました。
渦

アドベンチャーシミュレーター「うず丸」では、映像に合わせて上下左右に動くバーチャル体験をしました。釣ってみよう鳴門の魚では、本物さながらの釣りを堪能。
魚釣り

最後は、屋上パノラマ展望ランドで恒例の記念撮影。
全体写真②

童心に帰ったかのように、はしゃぐ皆の姿が印象的でした。
二人パシャ理バス前

鳴門を後にし、どんぐり新堀川店へと向かいました。帰りは、DVDを見る者、爆睡する者のほとんどの者が、遊び疲れた子供のように爆睡しておりました。

そして、17時頃、どんぐり新堀川店に到着し、ここからは各店舗での飲み会を実施しました。
本部事務所は、ホテルの中華料理をいただきました。おいしすぎてやばすぎです。2次会はBARでオシャレにお酒をいただきました。けっこう皆さん酔っぱらっていました。
事務所事務所②

各店舗も大変、盛り上がったようで有意義な時間を過ごせたのではないかと思います。
因みに各飲み会の写真はこちらです。
新堀川①
新堀川店
山科①
山科店
三条①
三条木屋町店
河原町①
四条河原町店
駅前・東
駅前&駅前東店
寺町①
四条寺町店
烏丸①
四条烏丸店

今回は2日間もお休みをいただき、最幸の時間を過ごさせて頂く事ができました。

いつもとは違い、観光やその地の文化や食に触れる、慰安旅行でありながら、人としての感性を磨き知識の得られる時間でありました。そして、社員の沢山の笑顔が見られた事が大変うれしかった事です。1人でも多くの1秒でも長くの笑顔を見たいという想いのもと、社長、部長、宗ちゃん、しんたん、NGT、てっちゃん、多くの時間を費やしていただき、本当にありがとうございます。皆には見えないところでの努力、慰安旅行にかける想い、皆に対する想い、沢山の想いが集まり、最幸の時間を過ごせた事を感謝します。ありがとうございました。自分は裏方でありながら、皆の必死になって慰安旅行に向き合う姿に感動しました。そして、社員の皆も前日は遅くまで仕事でお疲れの中、沢山の笑顔を見せてくれた、沢山楽しんでくれてありがとう。

2015年もスタートして約1ヶ月が経ちました。4月には新たに10名の社員が仲間となってくれます。この最幸の仲間たちと一緒にお客様に、そして、従業員に幸せを届ける事ができる会社になれるよう、そして『京都№1のお好み焼屋』になるよう精進してまいります。
全体写真①

皆様、今後ともよろしくお願いします。

 

 

カテゴリー: スタッフ日記:ゆうちゃん, レクリエーション パーマリンク