セールスマン奮闘記 61

「たけのこ」

 

最近たけのこの美味しさがわかる年齢になった。

 

以前までは

わざわざ食べるほどでも・・・という感じであったが

今は、季節を感じる逸品となっている。

 

そういえば、私の地元は筍の産地であり、

全国的にも有名である「乙訓のたけのこ」である。

 

シーズンになると1kg何千円とするものが

飛ぶように売れています。

 

乙訓のたけのこは、

あく抜きをしなくても食べれる別名「白子」とも言われるほど

鮮度や風味が良く、特産品の理由がわかります。

 

最近、地元の友達の10人ぐらいが

たけのこの山を持っていることに気づきました。

 

そうえいば(2回目)小学校の頃、

友達の親が「筍堀りにいく」という話をよく聞いていたことを

思い出しました。

 

1kg数千円する筍を産地直送で安く友達価格で仕入れて

どんぐりで売れないか?と卑しくも思いました。

 

いやしく思う商売のことは置いておき、

地産地消の観点から販売できるように考えてみます。

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク