営業次長 行進曲⑤

『春一番。TDKRのやる気を伝えます。』

先日読んだ新聞にこの記事がありました。

上村愛子 「前を向いて一歩一歩」現役続行会見
【1年間活動を休止していたフリースタイルスキー・女子モーグルの上村愛子(31)=北野建設=が14日、長野市内で会見し、現役続行を正式に表明した。上村は「ゼロからのスタート。長く休んだ感じはするが、前を向いて一歩一歩頑張りたい」と抱負を語った。】

昨年行われたバンクーバ冬季五輪。メダル獲得の期待がかかっていた上村愛子さん。
「これがわたしのすべて、という滑りを見せたい。」という意気込みを語り臨んだ4度目のバンクーバ。
結果は4位。
98年長野が7位、02年ソルトレークシティーが6位、06年トリノが5位。順位を1つずつ上げてきた。しかし、悲願のメダルまであと一歩。

そんな中での4位。

「私は何でこんなに一段一段なんだろう。」
この言葉にいろんなことを考えさせられた。
『見ている人であなたの努力を知らない人なんていない。誰もあなたを責めない。褒め称える人ばかりです。』
私はそう思いました。
辛い心境の中、優勝した英国のハナ・カー二ーと3位のシャノン・バーク両選手を
涙をこらえ、笑顔で称えるあなたの姿にプレーと別の感動を貰いました。

この時の記事は、今でも手帳に挟み毎日持ち歩いています。

こんにちは。この記事に『物事の過程の大切さ』と『結果を受け入れる強さ』を学んだ
土曜のブログ担当TADOKOROです。

上村愛子さんの現役復帰会見『前を向いて一歩一歩頑張りたい』と抱負を語った記事。
この記事を以来、私は『これからも一歩一歩頑張りたい。』そう思っています。
『今日のお好み焼は良い出来だ。』
『焼そばは奥が深い。』
『盛りつけはこっちの方が見栄えがいいな。』

お客様との接点は、、、
『少し周りを見られていなかったな。接客後、素になっていたっかも。』
『あのスタッフ良い接客をしている。真似してみよう。』

『自分はまだまだだ。一歩。一歩。』

そう思うようになった。まだまだ自分は出来るはず、、、
こんなことを考えながらも今は大変ながらも良い日々を過ごしています。
そしてこれからも…

********************************************

そんな中、皆さま。
春を迎えましたね。始まりの年です。
たくさんのみなさんが新しい年を迎えるこの春。
私、TDKRは入社して13年目で31の歳です。

こんな想いを現場のスタッフに伝えるのが、最近の遣り甲斐。
この想いが伝わり、これから成長していくスタッフを見るとワクワクする。

…そして日々与えられる課題にも遣り甲斐を感じている。
最近の課題は来週社内で行われる『夏に向けてのおすすめ商品コンテスト』の出品商品。
この出品商品をご来店されるお客様にお届けできるように、
一つ一つ(一歩。一歩。)、試行錯誤しながら良い商品を出品したいと思います。

次回、ブログではTDKRの商品採用の報告ができることを楽しみにしておいて下さい。

次回題目は『奪還!王者の貫録。TDKRの勇姿』ということで。

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク