セールスマン奮闘記 57

「大阪満喫物語」

 

 

今年から月一回特別レクレーションをすることにしました。

レクレーションのねらいは、日々仕事場でのコミュニケーションと

プライベートでのコミュニケーションの違いを把握することで

意思疎通を向上させることが目的です。

例えば、勤務中上司が厳しく、いつも叱られてばっかりなことがあるが、

オフの日に一緒にいると、とても優しく面白いことがわかり、

今まで見えていなかった一面を理解することで、

余計な誤解(叱られていることが仕事において真剣に取り組んでいる姿勢)が

無くなり、お互いの信頼関係が向上することがあるからです。

 

また、もう一つのねらいは、

日々仕事場と自宅の往復なりがちであり、

人生経験などの「経験」を持ってもらい

人間性溢れる社員になってもらいたいという意味もあります。

 

今回は第一回ということで

みなさん「どんなレクなのか?」という様子を見ている感じがしました。

しかし、それでも3人の社員が参加してくれたのでうれしかったです。

 

第一回目は、「大阪満喫物語」です。

とことん大阪にこだわり、ベタベタに行こうということで企画しました。

 

みんなで午前中に集合し、電車で梅田まで行きました。

 

梅田に大阪では有名な

お好み焼「きじ」本店に行ってきました。

 

「きじ」さんのお好み焼は「ザ・大阪のお好み焼」です。

同じ同業の私としても何度も行っているお店であります。

社員に聞くと、「行ったことないです。」と言っていました。

お好み焼店に携わる社員としては、勉強の為にと思い、たくさん食べました。

 

 

 

 

次に地下鉄に乗り、若者が多く集まる心斎橋「アメリカ村」へ行きました。

このときは、時間を決めて自由行動にしました。

私も服を買いました。

20年ぶりにアメリカ村に行きましたが、結構変わっていました。

変わらないのは、三角公園にある甲賀流たこ焼でしょうか。

 

その後、心斎橋から歩いてなんばに行き、

昔なつかしの「ひっかけ橋」へ。

 

ひっかかるクオリティーではありませんが・・・。(笑)

 

その後、千日前の「道具屋筋商店街」に行きました。

商店街はその名の通り、飲食店向けの器具がたくさん売られており

やっぱりお好み焼やたこ焼きの器具もたくさんありました。

社員はその中でも食品サンプルに目がとまり、かなりテンションが上がっていました。

 

次に同じく千日前の「なんばグランド花月」の吉本新喜劇を見に行きました。

ベタベタにも程があると言いたいぐらい、漫才から、落語、そして新喜劇があり

とても面白かったです。

 

新喜劇が終わると夕方でしたので、

これも大阪のベタベタですが、フグの「づぼらや」さんに行きました。

 

冬にはやっぱり鍋であり、

特に「ふぐ」は贅沢ですね。

 

「てっさ」も「大人取り」というのか、

箸でザーッと取るのが、何か優越感を感じました。

 

 

一日中大阪を満喫し、とても楽しかったです。

社員の子らもとても満足しているようでした。

 

今回は点数でいうと

「む・む・む・む」です。  ※最高は「む・む・む・む・む」

 

 

来月は「神戸満喫物語」を予定しております。

 

社員のみなさん、是非参加してください。

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』, レクリエーション, 今日のスタッフさん(^O^) パーマリンク