営業次長 行進曲 31

『秋。京都伏見のお祭り』

秋になると『お祭り』をイメージします。

どんぐりの本社がある京都伏見でも
各地で『秋のお祭り』が開催されています。

京都伏見にある御香宮神社でも神幸祭という
お祭りが開催されます。

御香宮神社は、安産の社と言われています。
またこの御香宮境内からは「香」の良い水が湧き出ており、
京都の湧水名水マップにも載っており、
地元民の方々にはとても愛されている神社です。

毎年10月1日から10日まで(体育の日を目途に。)、
こちらの神社では連日行事ごととして、
ちびっこ相撲大会
花傘パレード
神輿
と様々な祭りごとが行われます。

私も先々週と先週に渡り、
祭りの神輿を担がせていただきました。

京都に住まい13年ほどが経ち、
会社も然り、お客様にも然り、
住んでいる地元の皆様にも大変良くしていただき、
この祭りの参加も良くしていただいている
地元の方にお誘いいただき参加させていただきました。

実は今年で4年目になります。

神輿っていろいろありますよね。

神輿をゆっくり進ませるパレードや
担ぎ手がものすごいスピードで目的地まで突っ走る神輿や
前後に激しく神輿を振り少しずつ進んでいく神輿や。

御香宮の神輿は『振り進んでいく神輿』です。
前後に大きく振って、鈴(鐘)を鳴らし
神を楽しませる(たたえる)ためだそうです。

重い神輿を大人数で担ぎます。
「ほいっと!ほいっと!」声を上げ、
リズムに合わせて足を蹴り、
神輿の前後を振らせながら神輿の鈴(鐘?)を鳴らし、
少しずつ進んでいくわけですが、
これがまたしんどい(汗)

リズムが狂えば肩にくる重い衝撃も多く、
足の蹴りが前後者をあわなければ、
神輿全体の振りが変わってくる。
鈴(鐘?)が鳴らなければ全体の盛り上がりに欠ける。

もう完全に苛酷なスポーツの領域です。
こんな感じです↓↓↓
   

担ぎ後には全身筋肉痛で大変です(汗)

初年度では知らない方々ばかりでしたが、
二年目、三年目と知り合いも増え、
参加される方も年々増えていき、
今では神輿を共通点として地元に皆様にとの関係も深まるばかりです。

毎年のことですが縁多く、
本当に楽しいお祭りでした。

普段は学業や仕事に励んでおられる方ばかりだと思いますが、
プライベートでの充実感があってこそ頑張れるってもんだと思います。
こういった行事、京都でももっともっとあると思いますので
どんどん参加していきたいなと、
ワクワクしながら明日からも
パワフルに頑張っていきたいと思います。

それでは今週のTADOKOROはこの辺で。

追記:今年神輿を担いだお仲間の皆さんです(笑)↓↓↓

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク