番外編・京都イベントレポート(1)

みなさんこんにちは、火曜日担当の辻です。
レジャー日和の体育の日、みなさんはいかかお過ごしでしたか?
私はこちらへ行ってきました↓

 細川家の至宝展

・・・レジャー全く関係ないですが(^_^;)
京都国際博物館にて、10月8日より開催されている、
「細川家の至宝」展です。
旧熊本藩主でもあった細川家は、約700年続く由緒正しいお武家さんの家系です。
16代当主・細川護立氏により設立された「永青文庫」が所有する、細川家に伝わる貴重な宝物の内、およそ300点以上の品を見る事が出来る展覧会です。
この日は祝日という事もあり、沢山の人で賑わっていました。
その内容は書物をはじめ、絵画、仏像、武具、茶器、能面と様々です。
私、ほとんど全ての品をじっくりと拝見したのですが、何と二時間以上かかりました。
ボリュームたっぷりで見応えアリです!むしろ途中で「すいません、もういいです」ってちょっと思った位です(笑)
観覧料¥1400と少しお高めですが、充分元が取れると思います。
個人的には透かしの紋様が入った刀の鍔(つば)が良かったです。
他にも本当に名宝と呼ぶのにふさわしい名品ばかりでした。
因みに会場で貸し出している、展示品の解説を聞く事が出来る「音声ガイド」の声は、
元内閣総理大臣でもある細川家18代当主、細川護熙氏です。

こちらの特別展、11月23日まで京都国立博物館にて開催中です。
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/111008/index.html
京都市美術館の「フェルメールからのラブレター」展も大好評のようですが、
こちらも一見の価値ありです!機会があれば是非行ってみてくださいね。
それでは今日はこの辺で。

 

 

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク