京都近郊歴史スポット巡り(20)

みなさんこんにちは、火曜日担当の辻です。
今週はどんぐりのホームグラウンド・伏見の史跡をご紹介いたします。
「いつでも行ける」と思って滅多に行かないのが地元の観光スポットですが、
今回改めてじっくり見てみよう!と思って訪ねてみたのは、こちら↓

 表門

御香宮(ごこうぐう・ごこうのみや)神社です。
祭神は神功皇后、創建年は不明だそうです。
「御香宮」の名前の由来は、ある日境内より良い香りの水が湧き出て、その水を飲むと病が治ったことから、清和天皇よりその名を賜ったという一説があるそうです。
この「御香水」は日本の名水百選にも選ばれています。

 御香水

拝殿の屋根の下、破風と呼ばれる部分の意匠が大変美しく、青と基調とした極彩色の彫刻が施されています。

 拝殿

そして、先日大河ドラマ「江」のゆかりの地を巡る「江紀行」で紹介されていたとおり、
御香宮には江の娘・千姫にまつわる「千姫神輿」が保管されています。
千姫誕生の際に奉納されたというこの「千姫神輿」、普段は公開されていないのですが、
この日は秋の例祭「神幸祭」の日だった為、特別に公開されており、実物を見る事が出来ました!!

千姫神輿

幕末・明治の鳥羽伏見の戦の際には、官軍である薩摩藩の陣営が置かれていたこともあり、
それにまつわる石碑など色々見どころがあるのですが、この日は出店が並び、大勢の人出で賑わっていた為、残念ながら見ることが出来ませんでした。
人で賑わう参道から外れて本殿の裏に回ると、小さな社が幾つか建っています。
徳川家康を祀る東照宮(写真左)や、豊臣秀吉を祀る豊国社(写真右)、
他にも稲荷社や弁天社など。

東照宮と豊国社

御香宮神社は近鉄電車「桃山御陵前」駅、京阪電車「伏見桃山」駅から徒歩で1、2分です。
表門のすぐ向かいにあるお団子屋さんがとても美味しいですので、お出かけの際は是非立ち寄ってみてくださいね。
それでは今日はこのへんで。

 

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク