京都グッズのご紹介&プレゼント⑨

おはようございます。
10月最初の日曜日。金曜日の雨降りで、すっかり秋の装いが深まりましたね。
今週、来週は『運動会』という方が多いのではないでしょうか?
爽やかな天候が続きますように…!

まずは先週の【中華料理 桃李特製【食べる辣油】【からい醤】セット】 のご当選者発表!
『 かずななママ 』さん・『 ともりん 』さん・『 ももとちょろ 』さんの3名様です。
本日指定でお届けしております! ホットな味をお楽しみくださいませ。

さて、辛いものが2週間続きましたので、今週はお口休めに甘いものをご紹介。
京都みやげといえばやっぱり【京菓子】が思いうかびますよね。
京都市内は、和菓子屋さんがホントに多いです。
以前にご紹介した『百味会』さんにしても、
70数店の名店が名を連ねられていますが、約半数の34店舗が京菓子店です。

≪虎屋≫さん ≪御ちまき司川端道喜≫さん ≪総本家駿河屋≫さん
≪長五郎餅本舗≫さん ≪本家尾張屋≫さん ≪亀屋陸奥≫さん 
こちらの6店さんは、江戸時代より前のご創業。500年以上の歴史なんですね。

いろいろな企業があるなか、これだけ古くから続いている会社が沢山あるのって、
やっぱり人って『甘いもの』が大好きなんでしょうね。解かる気がします。

さて、ホントに沢山の甘味名産があるなか、何をご紹介しようかと思ったのですが、
私、個人的には、和菓子といえば『もっちりお餅系』が好みなのですよね。
【出町ふたばの豆もち】【紫野・茶洛のわらびもち】【鞠小路・満月の阿闍梨餅】
このあたりは、もう出されたらあるだけ食べてしまう危険なもっちり感です。

で、プレゼント企画となりますと、ある程度の日持ちが必要なわけで、
上記3つのなかでは、【鞠小路・満月の阿闍梨餅】となるわけですが、
個人的見解ですが、阿闍梨餅のもっちり感を上回る、
超危険なもっちりを醸し出しているのが、こちら ↓↓

【鶴屋吉信・つばらつばら】です。
このもっちり感は、とても危険! 撮影用に購入した10個が一晩で……反省。

鶴屋吉信さんは江戸時代の1803年のご創業。
上京区は堀川今出川の北西角に本店を構えておられ、
全国各地の百貨店内にもショップがあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
大看板にもある『柚餅』(富岡鉄斎画伯の揮毫)と『京観世』が有名な京菓子店さんです。

でも、何と言っても(個人的に)一押しは【つばらつばら】!
万葉歌人「大伴旅人」の和歌に登場する「つばらつばら」は
「しみじみと・心ゆくままに・あれこれと」という意味があるそうです。

手作りで焼き上げる、半月形のやわならな焼皮が「しっとり&もっちり」の極み。
その口当たりをそこなわないよう、控え目に包まれた小倉あんが絶妙のバランスで、
まさに、しみじみと幸せを届けてくれます。
さらに、秋期限定で、京都本店のみ販売の【栗・つばらつばら】がお目見え!
ただでさえ食欲の秋なのに、危険度MAXの美味しさです。

今回は【つばらつばら】&【栗・つばらつばら】をほどよく詰め合わせて3名様にプレゼント!

危険なんて顧みない!という、ご希望者の方は

present@kyoto-donguri.co.jp  まで、

郵便番号・ご住所・お名前・お電話番号・ご職業・ご年齢と
当選者発表用のペンネームを、ご明記の上、ご応募くださいませ。
締切は、2011年10月6日(木)の24:00まで。
来週の鈴木担当ブログにて当選者を発表させていただきます。
では、また来週をお楽しみに!

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク