京都グッズのご紹介&プレゼント③

おはようございます。
8月21日の日曜日。担当/鈴木です。

京都では昨日から地蔵盆が開催中。幼少期は楽しかった行事のひとつですが、
お世話するほうに回ると、なかなか大変!
しかも結構な雨降りなのですが、60名近い町内の子供たちは元気いっぱい!
本日もすいか割りなどのイベント予定ですが、体力がもつのでしょうか…。

さて、本日の京都グッズのご紹介はというと「お茶」でございます。
「お茶」というと、お抹茶・玉露・煎茶・ほうじ茶・麦茶などなど、沢山の種類がございますが、
今回のご紹介は、個人的に大好きな「 ほうじ茶 」でございます。

京都で茶舗といえば、まず思い浮かぶのが「 一保堂茶舗 」さんですよね。
1717年創業ということは間もなく300年を迎えようかとう老舗。
先週ご紹介した百味會さんの会員さんでもいらっしゃいますので、
本当に美味しいお茶を販売されておられます。

でも、こと「ほうじ茶」に関しては、これまた個人的な意見ではございますが、
今回ご紹介する「柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)」さんのほうが好み。
こちらの創業は明治8年と一保堂茶舗の半分未満の136年の歴史ですが、
三千家ご用達にして、茶の湯ゆかりの大徳寺御用の素晴らしいお店。
場所も一保堂さんとご近所さん。でも週末ともなれば、観光客の方がいっぱいの
一保堂さんとは違い、こちらは地元人中心に堅調な商いをされています。

 二条通御幸町西入のお店

一押しは、本店週末限定で販売されてる「手炒り焙煎ほうじ茶」なのですが、
土曜日お仕事している私は、なかなか買い求めにいけないので、
定番商品の「かりがねほうじ茶・香悦」と「金」を愛飲しております。

鳥獣人物戯画のイラストが愛らしい茶筒缶入りを最初に購入し、
その後は詰め替え・替え・替えの繰り返しでOK。
茶葉は真空パックになっているので、日持ちもそこそこOK。
香悦が100g = 840円。 金が100g = 630円というお値段。
ちなみに一保堂さんの「極上ほうじ茶」100g = 525円なので、
美味しいのも当然なのかも知れません。
茶葉の特徴も、上が柳桜園さんの「香悦」・下が一保堂さんの「極上ほうじ茶」

ね、見た目が結構違うでしょ。
「香悦」は、上級煎茶の茎「かりがね」が沢山使用されていて、
焙煎行程も企業秘密のお手間をかけておられるよう。
とても良い香りと、深みのある味わいが特徴で、京都の旅館や甘味所で
使われている所もホントに多いみたいです。
「金」も、厳選した茎(かりがね)を使用。「香悦」との違いをあえていえば少しマイルド。
十分に香り・味わいが楽しめるレベルです。
特に夏場に、やかんで作って冷蔵庫で冷やしておいて、
のどが乾いた特にゴクゴクとやるには「金」のほうがお勧めです。

さて、今週は、このかりがねほうじ茶「香悦」と「金」をセットにして2名様にプレゼント。
ご希望の方は

present@kyoto-donguri.co.jp  まで、

郵便番号・ご住所・お名前・お電話番号・ご職業・ご年齢と
当選者発表用のペンネームを、ご明記の上、ご応募くださいませ。
締切は、2011年8月25日(木)の24:00まで。
来週の鈴木担当ブログにて当選者を発表させていただきます。

さて、お楽しみの先週のご当選者の発表!
『澤井醤油本店さんのお醤油・もろみ・ラスク』の三点セット。
当選者は『 sou 』さん・『 なつみかん 』さん・『 あき32 』さんの三名様!
本日21 日着にてお送りしております。

では、また来週をお楽しみに!!

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク

京都グッズのご紹介&プレゼント③ への2件のフィードバック

  1. sou のコメント:

    澤井醤油本店さんの三点セット届きました!
    京都老舗の商品が食べれるなんて幸せです
    京都にはなかなか行けないのでブログを通して情報を得てます(笑)
    いい賞品を贈って頂き、ありがとうございました(m*´∀`)m

    • admin のコメント:

      お礼コメント、ありがとうございます。
      今週の「柳桜園本舗」さんのほうじ茶もホントにお薦めです。
      しばらくの間、毎週食品系の紹介が続きますので、
      またぜひご応募くださいませ。
      ※来週だけは食品じゃないのですが…。
                                       鈴 木

コメントは停止中です。