レモン

こんにちは、金曜日担当の山口です。
今回の医食同源の食材は「レモン」です。

レモンと言えば、みなさんは真っ先に何を思い浮かべるでしょうか?
私はザ・テレビジョンの表紙です、という冗談はさて置き、
レモンティーにレモンスライスを浮かべたり、揚げものに汁を絞ったり、という、
果実を直接食べない使用法が、多く思い浮かぶのではないでしょうか。

しかしながら、レモンは皮も含めて丸ごと食べる方が栄養価が高いそうです。

レモンはご存じのように、ビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCには、肌のシミ・そばかすを防ぐ、風邪など病気への抵抗力を高める、
肌や髪を美しく保つなど、多くの効果があります。
ビタミンCを最も効率よく摂るには、調理せずに生のままがいいそうです。

レモンには食物繊維も含まれていますが、果汁だけだとほとんど含まれません。
食物繊維を摂るには実を食べる、さらに皮ごと食べるのが理想的だそうです。
皮には苦みがありますので、大人の味といった感じですね。
マーマレードなどにすればビタミンCは壊れてしまいますが、食物繊維はとれます。
食物繊維は満腹感を得やすくさせダイエットに効果がある他、
コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きもあります。

レモンには他にも、ビタミンEやビタミンB1、B2なども含まれているそうです。

ビタミンEは「若返りのビタミン」ともいわれ、抗酸化作用があります。
また美肌効果や成人病を予防する効果、血行を良くする効果などもあります

ビタミンB1は糖質の代謝を助け、エネルギーの源になります。ビタミンB1が不足すると、
疲れやすくなったり、手足がしびれたり、さらに悪化すると脚気(かっけ)になるなど軽視できません。

ビタミンB2は脂質をエネルギーに変える働きがあり、ダイエットやメタボ対策には、
特に大事な栄養素ですね。
また細胞や粘膜を作るのもビタミンB2が必要なので、やはり美容に欠かせない栄養素です。

また、レモンの酸っぱさの元であるクエン酸にも、
ダイエット効果や疲労回復効果があるという触れ込みでサプリメントなどが発売されていますが、
その効果は諸説あるものの、疑問が残るようです。
クエン酸は高尿酸血症・痛風の治療薬として処方されており、
それ以外の人が普通に食事で摂っても、どれほどの効果が得られるか、
確かなデータはない、というのが実際のところらしいです。

ところで、レモンは輸入品が多く、それら輸入野菜や果物・穀物等には
防腐・防カビのための薬品がしばしば使用されています。
これらの薬品は一般に「ポストハーベスト農薬」と呼ばれています。

「ポスト」は「後」、「ハーベスト」は「収穫」のことで、「収穫後の作物に使用する薬品」のことです。
通常は農薬は栽培時に使用するものですので、それと区別してこう呼んでいるわけです。
外国からの遠距離輸送時に商品の品質が落ちることを防ぐために、
ポストハーベスト農薬は使用されます。

ポストハーベスト農薬は土壌や散水ではなく、作物に直接薬品を使用するため、
特に皮や表面の部分に発がん性が残るとして、多くの批判を生んできた歴史があります。
それに対し、薬品は使用した時点から、時間がたつほど分解されてゆくので、
毒性も薄れていく、という生産者側の意見もありました。

農薬や食品添加物などは食品衛生法によって、「残留基準値」というものが決められています。
つまり、「いつ薬品を使用したか?」に関係なく、「消費する時点で」薬品が
ほとんど残留しないように、という基準値であり、健康に影響を及ぼすと思われる数値よりも、
かなり低く設定されています。

この残留基準値を超える薬品が検出された野菜や果実は、出荷できなくなっていますので、
「ポストハーベスト農薬=悪」というイメージは、古いものになりつつあります。

どんぐりの店舗のメニューには、仕上げにレモン汁を絞る焼き物や、
カクテルなどのドリンクにカットレモンを添えるもの、などがあります。

その極めつけが「酎ハイ・生レモン」という商品で、レモンの4分の1カットを2個、
つまりレモン半個分を焼酎ソーダ割りの中に入れた、豪快なドリンクであります。
夏の猛暑を吹き飛ばし栄養補給にも最適という、スッキリ爽やかなオススメドリンクです。

それでは今回はこの辺で。

カテゴリー: どんぐりの『いろんなこと』 パーマリンク