『ゆうちゃんのどんぐり賄いチャレンジ日記⑰』

おはようございます。
さあ、第18回となりました『ゆうちゃんのどんぐり賄いチャレンジ日記』ということで、今日チャレンジする賄いは・・・

『エビ詰めしいたけの旨辛炒め』
今回挑戦しましたのはこんな賄いです。
しいたけにエビのすり身を詰め込みました。
エビは、包丁で細かく切り潰しました。歯ごたえがほしかったので潰し過ぎに注意しました。
しいたけは、軸を切り取りそこにエビのすり身を詰め込みました。
鉄板の上で、サラダ油をかけて焼きます。しいたけの傘の部分が肉厚で、エビのすり身に火が通りにくいので、かぶせをして蒸し焼きしました。
エビ詰めしいたけが焼けたら、それを半分に切ります。全体的に肉厚なのでソースが染み込みにくいからです。
仕上げに調味料をかけ、特製の旨辛ソースをかけます。
「ジュ―ジュー」とよい音と旨味たっぷりの香りが広がります。
最後に、あさつきを全体にかけ中心に糸かつおを乗せれば出来上がりです。
どんぐりでは,れんこんにエビがギューギューという人気商品があります。それは薄く切ったれんこんにエビのすり身が詰まった商品ですが、これがまたおいしいんです。塩味であっさりしていて何枚でもいけますよ。どんぐり鉄板焼総選挙でもしたならば、センターを争うくらい人気の商品ですので、ぜひ、ご来店の際はご賞味いただければと思っております。
そんな、れんこんにエビがギューギューに似た、しいたけにエビがギュッギュッ(賄い名が変ってしまいました。)を「いただきまーす。」
しいたけとエビの旨味と特製ソースがマッチし美味しくいただきました。糸かつおもアクセントとしてよい存在感を出しています。

「ごちそうさまでした。」

先日、近畿地方も梅雨明けを迎え、夏本番となってきました。
そして、この時期になると若い頃を思い出します。
今から12年前です。毎日毎日白球を追いかけていました。
高校球児として頑張っていた頃を思い出します。今の体型からは想像もできないくらい、細かったあの頃。足も速かったし持久力もあったあの頃。おっとこのまま書き続けるとなんだか悲しくなりそうなので辞めておきます。
京都大会は、先日7月9日(土)から開催されました。わかさスタジアム・太陽が丘球場・宮津球場で熱戦が繰り広げられます。決勝は7月23日(土)です。母校の事も気になりますが、元高校球児として心より応援したいと思います。熱中症に気を付けて頑張って下さい。絶対に最後まで諦めずに・・・

『目指せ甲子園!!』

高校球児の皆さん頑張って下さい。

カテゴリー: スタッフ日記:ゆうちゃん パーマリンク

『ゆうちゃんのどんぐり賄いチャレンジ日記⑰』 への2件のフィードバック

  1. 4クローバー のコメント:

    とってもおいしそうですね~♪
    今度作ってみます~(^。^)

    • admin のコメント:

      コメントありがとうございます。結構おいしかったので、チャレンジしていただければうれしいです。4クローバーさんが作った料理でこんなのおいしかったよとか情報ありましたお願いします。
      これからもいろいろチャレンジしますのでお願いします。

コメントは停止中です。